◆お申し込みの流れ

◆相談内容の例

【セカンド・オピニオン】

銀行、証券会社、保険会社等金融機関や保険代理店から勧められている、金融商品。
理解するには難解なものも多々あります。問題ないとは思うけど,他の意見も訊いてみたい。
このような方に「セカンド・オピニオン」のご利用をお勧めします

【保険の見直し】

日本人の加入率80%~誰でも入っている生命保険。現在の契約の解説、支払い保険料のコスパはもちろん、必要性の検討等、
これからのライフプランを加味し総合的な分析を致します。

【資産運用】

目的、運用期間、運用金額(原資)、一時金か積立か? 株式、債券、投資信託、REIT等々投資対象は・・・?
リターンが保証されない【資産運用】だからこそ、はじめる前が肝心です。

【相続・遺言】

資産の多寡に関わらず生ずる「相続」ならぬ「争族」を未然に防ぎ、相続税の納税。節税や円滑な相続に資する生前贈与、そして“想い”を伝え相続をスムーズにする遺言等々、相続に関するあらゆるご相談に対応させて頂きます。

【住宅・ローン】

自分に合った住宅購入額はいくらが良いのか? 、マンションor戸建て。 無理のないローンの適正額は? 金利や期間は・・・。
購入時の諸経費、その後の維持費・税金等は。返済軽減のための借り替えや繰り上げ返済の妥当性等、住宅・ローンに関するご相談にお答えします。

【家計診断】

人は家族の成長のいろいろな場面でお金の問題と直面します。3大資金といわれる教育資金、住宅資金、老後資金はいつ、どのくらい、どうやって用意したらいいのか。ご家族のライフイベントと関連させてお金の推移を表にするキャッシュフロー表を作成しながら問題点を考えるお手伝いをしていきます。住宅・ローンもご参照下さい。

【年金・老後】

人生90年となりつつある今、老後資金の重要性は高まっています。一方公的年金は受給開始年齢の引き上げなどにより、長い老後を支えるのに十分とは言えなくなっています。まず年金のしくみを知って受給できる金額を算出し、自助努力によって用意しなければならない老後資金を計算します。。

◆相談料金

【FP個別相談】 ¥5,000(90分間)
【総合相談】¥30,000
1年間PDCAフォローアップ

カテゴリーを横断してご相談をお受けして、目指すべき方向とその場合の優先順位を決定し、計画実行のお手伝いをします。

※ご相談内容によっては、弁護士、税理士等をご紹介させて頂く場合があり、その場合の料金については依頼先の提示する料金となります。
※出張相談の場合には、交通費実費をいただきます。